Mam's Diary


料理教室や展示会などの様子や今後のスケジュールを
ご紹介しています。

カテゴリ : 催し物

11月10日から12日まで当ギャラリーにて骨董市と金継ぎ教室作品発表会が行われました。

熱心に説明しているのは金継ぎ教室の漆畑先生です。
DSC02558j

先生が出展した作品をご覧下さい!
【欠け埋め】
DSC0255244
欠けた部分に漆を使って丁寧に再生しています。
この手法によって更に味のある見事な器に再生されいてますネ!

DSC02550r
左下の写真をご覧下さい。
ここまでバラバラになったお皿も先生の金継ぎによって芸術作品に生まれ変わります。

日本人が持つ「勿体ない精神」も、突き詰めればアートに変貌します。
金継ぎ教室は毎月2回、当店カルチャー室にて開催しています。
受講希望の方も常時受け付けています。
興味のある方は、是非お気軽にお越し下さい。

3月25日~27日に原田弘子展 藍日和が行われました。

今回も原田先生の素敵な作品が沢山!
DSC00240
DSC07808
DSC07795
DSC07800

藍の色はどんな季節、どんな場所にも良く合いますネ!
お越しになったお客様は、皆さんとっても選ぶのに苦労されていました。

3月20日~23日に開催しました。
結城紬、泥大島、繊細な日本刺繍が施された帯や訪問着など、未使用で
作家さんのものや希少価値のある作品がとてもお値打ちに出ていました。

32

着物を着る人が少なくなると、伝統工芸も職人さんの技術も継承されないという
事だそうです。
日本人の細やかな美意識やこだわりがそれぞれの着物から伝わってきます。
どんな方がどんな思いで誂えられたのか?
毎回空想しながら楽しませて頂いています。

尚、4月の着物市はお休みします。

2013年秋季展を11月2日~10日まで開催しました。

DSC0025255
左手前が松田氏によるガラスアートです。

DSC0024366
カエルやリンゴ等をモチーフにしたアクセサリーをずらりと展示。
ガラス独特のクリアだけど温かみのある質感が良いですね~!

DSC00258
こちらは原田氏の藍染めです。
大きなタペストリーから小物までの豊富な品揃えでした。
DSC00275
今回は藍染のコートも登場です。
ラインがとってもキレイですよね~~
世界にたった一つの1点ものですネ。

一角には金継ぎのコーナーを設けました。
DSC00284

DSC00285

DSC00290

ただ今開催中の『生誕100年記念 萩原英雄の軌跡Ⅰ』の様子です。

R0010627R0010633

富士シリーズ、抽象画、小作品などを展示しています。

そして、今は佐奈川の桜が満開です。
no title02
佐奈川沿いの桜は、堤防沿いに菜の花が咲き、その上に桜並木が並び
淡いピンクと黄色のコントラストがステキです。

桜と萩原先生の木版画を是非見にいらして下さい。

尚、生誕100年の展示はPart.1~3までを予定しています。

このページのトップヘ